「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第224号 2017年1月発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第224号 2017年1月発行   

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ(*選評)

昭島・新堀邦司
日本海の秋は空より始まれり
高原に色なき風の吹く日かな
秋天は聖母マリアの藍ふかし
金秋の祝杯あげよボブ・ディラン
神在の出雲に暮し恙無し

*②「色なき風」――「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。」(ヨハネ三・八)信仰とは、自分の理解をこえていても、信頼して委ねること。

高知・赤松久子
ふとん干すヘルパーの背に春の風
老いの手にお札(ふだ)を握る四旬節
土佐の夏海(うみ)おみ風さまの歌うたふ
観じ得ず信ずるのみの我が身かな
髪の毛の数まで知られ南無アッバ

*不安はあっても、②「お札を握」って、④ただ「信ずるのみ」。しかし、⑤「髪の毛」一本まで知られている身は、アッバにお任せすればいい。老いの見事な境地です。

八王子・F・井上
ゆるされてゆるす賜 南無アッバ
師の言葉ふとよみがえる散歩道
南無アッバ老いの荷物を受け止めて
振り向けば軍靴は遠く兄二十歳
気が付けば姉妹そろって山姥に

*①マタイ一八・三三。私たちは無条件無制限にアッバから「ゆるされて」いるという驚くべき事実!だからこそ他者を「ゆるす」ことができる。どちらも、まさに「賜」です。

練馬・魚住るみ子
小春日や卒寿四人のクラス会
身に余る賞気恥づかし秋うらら
日本YWCAよりシニアの為の賞を受く
スーパームーン今し昇るや冬の宵
自らの命を絶ちし愛し子の悌を抱き旅立てり君
   『風の道』
短かる命をわが子に賜ひたる御摂理を尋めむ母の胸はも

*「Wonderful Women賞」の受賞おめでとうございます。長年の音訳奉仕や熱心な作歌ゆえの結果と感服いたしております。今後ともご活躍をお祈りいたします。

 名古屋・片岡惇子
(フィリピン サンマテオにて)
主に押され南の島に発つ冬の日
冬の日や病みてなお道探しをり
路上の子の闇を見つめる南の冬
汗臭き子ら何思ふ目の光
目であいさつ異国の地でのクリスマス
冬の雲我が生き方の計り得ず

*②⑥わたしたちの求道は一生続くのだと思います。この頃昔のノートなど整理していて、今までばらばらだと思っていたことが、「求道」というキーワードで括れるように思い、何か合点できたような気になりました。

豊田・佐藤淡丘
真暗闇なほも一群れ鴨の声
寒北斗ひときわ長く尾を垂れる
弦月に指差し入れて剪られたる
池めぐり寒満月と睦みあふ
衛星の無音に流る夜寒かな

早朝、会神の丘に登るため、ちょっとの間切り通しを抜ける必要がある。冬至十日後先と言って、この時期一瞬ここで真っ暗闇に突入する。この闇の空間がとても神秘的であると同時に、この体感をとても貴いものとして、これを浴び独り悦に入っている。アッバ、アッバ、南無アッバ

*①神は神聖な「無」であり、人間にとっては直接の認識対象にはなりませんから、「闇」であるともいいます。その「真暗闇」であるアッバに、南無の心で人生をゆだねる、「会神の丘」への道はそのまま「南無アッバ」の祈りです。

大阪・島一木
教会といふ薄明に月を置く
讃美する虫か聖堂隅の闇
風そよぎ金木犀に聖歌湧く
聖歌隊解き放たれて秋深し
十字架の空より秋の風は吹く

*⑤〈自らの力に依り頼む「強い」生き方ではなく、イエスとともに、そしてこの世の苦難を強いられている人々とともに、「十字架」を担い続ける「弱い」生き方を選び取っていくこと。そこにこそ、真の「強さ」が、そして「救い」が逆説的に存在する〉(青野太潮『パウロ 十字架の使徒』(岩波新書)まえがき)

日立・武田孝一
天父地上を笑みて見賜うや秋日和
ヘブンリーブルー咲き切りて秋逝かんとす
南無アッバの友らの作読む秋日暖し
中天に百舌の声あり秋逝かす
友らの面偲び読み進むアッバの句

*③⑤井上神父がエレミアスからヒントを得た「アッバ」、そして晩年の境地、祈りとなった「南無アッバ」。著作選集第二弾も刊行開始され、少しずつ広まっているように思います。

蓮田・平田栄一
元旦やアバと呼ぶ霊賜りぬ
人生はマラソンなりや小正月
正月の上座に座る父はなし

あけましておめでとうございます。失礼ながら賀状にかえて、この場で新年のご挨拶とさせていただきます。
今年も共に、作歌作句をとおして、アッバの御心を求めて参りましょう。


平田講座要約(第四五回)2014-2-22

(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)
前回は、新年に青野先生からいただいたメールを紹介し、先生ご自身がお認めくださったとおり、青野神学やパウロの信仰義認論も、井上神父や遠藤さんと同様、基本的に母性原理にもとづくものであることを確認しました。

その上で、北森神学と井上神学の対比という課題に戻って、「十字架のイエスの痛み」をめぐり、御子イエスと御父アッバとの関係を考えてみたいと思います。

p・52「・・・だから私には~」(前号参照)の補足をします。

青野さんのいうパウロ神学から見ると、「イエスの十字架」にまず「弱さ」や「つまずき」を見るという視点は、井上神父にも北森神学にもないように思います。つまり、「弟子の裏切り」に対する「イエスの痛み」や、あるいは「私たちの罪」に対する「イエスの痛み」というとき、相手に傷つけられる「神の子」イエスという視点が強調され、「人間」イエスご自身の弱さやつまずきは強調されていないように思うのです。

わかりやすくたとえるなら、井上神父や北森氏のイエス観の方が、この点ではイエスの神(の子)性が全面に出ており、青野氏は人間性が強調――あえていえば「人間くさい」ように思います。こうした点にも、これまで青野神学が一般の教会に受け入れられてこなかった理由があるのかもしれません。

もっといえば、井上神学は、イエスの「やさしさ」を強調しているけれども、青野神学のようなイエスの「弱さ」は強調していないということです。その点では、遠藤さんの「無力なイエス」という感覚のほうが青野さんに近いかもしれません。

p・53
「・・・・私の場合もイエスの痛みというのはもちろんあります。けれどもその痛みというのが、御父の神様までいってしまうとね、なんかこうきついって言うか、息が切れるって言うかな‥‥。

やはりパウロってのは激しいでしょう。北森先生の場合はパウロが中心になっていますからね、私などには何かもう少しこう‥‥そこまで頑張らなくってもね。キリストが秋風に、こうなびいているような感じのところで何とかならないかなと、そういう感じで(笑)。なんていうかな、重すぎるっていうか。

‥‥私のイエスはやさしいのです。イエスのまなざしはやさしいわけですよ。」
(『日本カトリシズムと文学』一九五~二〇一頁抜粋)


南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時1/28(土)13時半、2/25(土)同、3/25(土)同


平田栄一・新刊『「南無アッバ」への道』
定価800円+税。
聖母文庫☎095・824・2080。
サイン本ご希望の方は平田までご連絡ください。〒込千円


―――――「余白の風」入会案内―――――
どなたでも参加できます。購読のみも可
*年六回奇数月発行
*年会費千円(送料共)
*採否主宰一任
*締切=偶数月二十日
*投稿・連絡先:メール
*本ブログ「南無アッバを生きる」に掲載します。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2749-140943af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop