「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第222号 2016年9月発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第222号 2016年9月発行   

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。

会員作品とエッセイ (*選評)

豊田・佐藤淡丘
法師蝉これより先は北といふ
一本の杭は山湖に水澄めり
蟻の列往きつ戻りつ黙の中
鶏頭を指で挟めば走りだす
秋たつやちびた鉛筆いとほしむ

午前四時、東の空を一望できる階の上に立ちました。ナント、オリオン座を含む「冬の大三角形」がもう横たわってみえます。
きのうまで樹の上で喧しくしていた蝉に代り、草むらでは虫の声が賑わしい。

正に、この世の教会とは、内村鑑三の言葉どおり、神の造られた宇宙であり、天然であります。アッバ・アッバ・南無アッバ

*「宇宙」そのものが「教会」とは名言。考えさせられます。わたしたちはつい小さな単位で、あの教会、この教会と分類してしまう。分別心を改めなければなりませんね。

大阪・島一木
マリア像西日を浴びてなほ白く
夕焼けに濃く染まりゆく彩硝子
花火見に行く教会のある方へ

*①②夕日に染まっていく御聖堂に、ひとり佇み祈りを捧げる。共同の祈りであるミサと共に、アッバと一対一の、いや一人包まれての祈りという実感も大切にしたいものです。

昭島・新堀邦司
一灯を神に捧ぐや聖五月
菖蒲湯や予後のいのちをあたためぬ
母の日や今も聞こえし子守唄
椎若葉燦々として草思堂
父の日を酌みかはさうか父同士

*③⑤「母の日」「父の日」にちなんで、私たちキリスト者は、神の父性・母性ということを、改めて考えてみたいと思います。「アッバ」が母のような父である、ということは、意味深長です。

一宮・西川珪子
くっきりと過去を残してかたつむり
人の世の日々変りゆく草を引く
水打って魂還る道浄め
炎暑にも新たな芽吹き南無アッバ
一瞬の煌きに掛ける花火かな

*「時間」連作として読ませていただきました。①「過去」は現在によって意味づけられる(アドラー)という視点をもって、前向きに考えましょう。②人生を一本の細い川、「人の世」をそれらが流れ込む太い河と見立ててみる。

高知・赤松久子
ひとすじの光宿せり庭野菊
しのび寄る老の足音冬隣
老恐ろし死は恐ろしくあらねども
南無アッバの境地求めて南無アッバ
アッバとは何かと聞かれパパですと

*②③身につまされます。井上神父は人生をマラソンにたとえ、人生の折り返し地点からは、お借りしていたもの――能力・実績・体の機能等々をひとつずつ感謝を込めてお返ししていく役割があると、述べています。

八王子・F井上
平和への祈りのリレーアヴェマリア
あの時の蝉しぐれ聞く終戦日
むくげ涼やかに聖母被昇天
ハンドルを握れる幸よ南無アッバ
昇る日を真向いに受け通うミサ

*④高齢ドライバーの事故多発にともない、免許更新や返還の問題が指摘されています。あたりまえのようにできていたことが、一つ一つできなくなっていく。そういう現実をどう捉えるか、信仰の役割が問われています。

練馬・魚住るみ子
南無アッバ九十歳の歌いくつ老を嘆かぬ心にうなづく
ハイビスカス深紅に咲き出で朝毎を一日花のいのち生命輝く
隣り合ふ家毎の暮し南無アッバ軒にはためく洗濯物よ

  一首目の九十歳の例歌として、
かぜに触れひかりにふれて若葉燃ゆ九十歳のまなこに映る     高木きみ子
九十になりてもわれの心には開け閉め自在の窓があるなり     久米川孝子
曾祖母のわれと娘と孫のみたり三人ゐてそれぞれ母の日それぞれの初夏   田中恵子
(現代短歌新聞H28・8号近詠一首より)

*老いの中にどう生きがいを見つけるか。人生「若葉燃ゆ」季節に役割や生きがいがあったように、老いの季節にも、また違った役割と生きがいがあるはずです。各御作に励まされます。

名古屋・片岡惇子
雷鳴や御堂震わせ赤子泣く
空しきとコヘレト読めば蝉時雨
拒否出来ず八月来たる狂気のまま
原爆忌誰も居ぬ地に風焼ける
大夕焼沈黙の余名華やぐ
受け入れて神の業なる大夕焼

*⑤「受け入れる」という言葉が、井上アッバ神学のキーワードの一つであることを、わたしは近著『「南無アッバ」への道』で指摘しました。しかし真にそれは自力ではなしえない「神の業」です。

蓮田・平田栄一
イエスこそ近づき来たる冬の闇
ルカ二四

イエスを裏切った自己嫌悪を抱えつつ、エマオへ旅する二人の弟子たち。とぼとぼと俯むいて歩いているところへ、イエスご自身がそっと近づいてきて、一緒に歩いて行かれた。悩み苦しみにあるとき、そうとわからなくても、わたしたちはけっして孤独ではない。


平田栄一・新刊『「南無アッバ」への道』(聖母文庫)定価800円+税。☎095・824・2080。サイン本ご希望の方は平田までご連絡ください。〒込千円


平田講座要約(第四十一~三回)2013-10/11/12
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)
井上アッバ神学では自らの罪を悲しむということはあるかもしれませんが、それが厳しく罰せられるというイメージはありません。(生前、井上神父が言った言葉「困った人とか迷惑な人ってのはいるかもしれないが、根っからの悪人というのはいないんじゃないか。」)

テキスト最後の部分「パウロは激しく、重い」という所は、今はもっと多面的に考えるべきだとも思っています。パウロは教会に起きた緊急要件に向けて手紙を書いていますから、怒ったり、皮肉を言ったりする、過激な所も確かにあります。そういう所は怖いです。

○第四二回
今回はパウロの「重さ・激しさ」について、まず補足します。パウロには確かに律法主義に回帰しようとするキリスト者や、アッバの「無条件・無制限のゆるし」を曲解して、キリスト教的「本願ぼこり」に身を委ねる輩に対しての「重さ・激しさ」はあるのですが、しかし、単なる厳格主義者、リゴリズムではない。それは、根底に、あのローマ四・五の信仰義認論があることでもわかります。「不信心な者を義とする神を信じる」ということは、アッバ=母性原理の神を信じる、ということだと思います。

すなわち、「不信心な者」とは「罪人」であり、まさにパウロ自身の自覚だろうし、そういう、「神を神とも思わない」人間を「義とする」とは「無条件で受け入れる」ということだからです。律法を行う代わりに、信仰があれば救われる、というのではありません。行いも信仰もない、けれども、そういう者でも無条件に救ってくださる、というアッバの御心に、お御風さまに信頼する、そのとき救われるということです。

○第四三回
p・52
石川氏のこうした分析に対し、井上神父は次のように述べています。

「‥‥北森神学だと神の本質が痛みだというわけです。本質そのものが痛みであると。
‥‥私の場合には痛みというのはあくまでイエスの痛み、裏切ってゆく弟子たちを包むイエスの痛みなのです。そしてそのイエスの痛みも、裏切った弟子たちの哀しみも共に何か御父の、神の、やわらかな夕陽に包まれているような感じの世界なんですよ。」

ここは次の項目で改めて解説しますが、人間の罪――イエスの痛み――痛む父、という北森神学と、弟子の裏切り――イエスの痛み//包み込む父、という井上アッバ神学との対比です。

後者の特徴は第一に、神の本質から「痛み」を切り離し、イエスに限定しているということです。


南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時9/24(土)13時半、10/29(土)同/11/26(土)同


―――――「余白の風」入会案内―――――
*どなたでも参加できます。購読のみも可。*年六回奇数月発行*年会費千円(送料共)*採否主宰一任*締切=偶数月二十日*お問合せ:本サイト余白メールまで

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2743-d87889de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop