「南無アッバ」を生きる ホーム » ツイッター記事 »12/25のツイートまとめ

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

12/25のツイートまとめ  

yohaku5

肉となる言や如何に降誕祭  ヨハ1・14。ミサで使う「聖書と典礼」に、この節にいう「肉」は「特に、弱く滅びゆくものとしての人間を指す」とある。古来神学の方では神と神の子との関係が議論されてきたが、理屈はともかく、イエスが私たちと同じ弱さを背負ってくださったというのは有難いのです。
12-25 14:22

立派な日記は書けないが、やめられないので続けています。 https://t.co/pjA2NJ6VrS
12-25 14:25

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2638-ecf92ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop