「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第214号 2015年5月 発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第214号 2015年5月 発行  

俳句や短歌、短詩をつくりながら、日本のキリスト教を模索します

会員作品とエッセイ(◎○主宰推薦句 *選評)

赤松久子(高知)
 十字架の許に捧げるスイートピー
 訪看の時間待ちして南無アッバ
○友よりの便り待ち侘び南無アッバ
 南無アッバ唱ふる日々や夏来たる
 雲の峰ふるさと遠くなりにけり

「救われるために善い行いをするのではなく、救われている中で、少しでも神さまに喜んでいただこうと思って、善い行いをするように努めるのです」と、神父さまはおっしゃった。(義認と聖化)南無アッバ

*③この「友」には、天国のお友達も入りますね。「救われている中での行い」。いかにも井上神父さまからの、この世の私たちへのメッセージのようです。

F・井上(八王子)
 春うらら祈りをふかく第一歩
○立ち戻る道にアッバの杖が有り
 復活の朝だ光ます沈丁花

*②<転ばぬ先の杖>といいますが、「アッバの杖」は、前にも後ろにも支えとなってくれます。共にいます神(インマヌエル)とは、共に歩む神ということ。

  井上洋治神父遺稿集  魚住るみ子(練馬)
○講演の声音偲ばゆ「南無アッバの祈り」師のみ教へを繰返し読む
 諸宗教の平和と共存広らにも深き視野もて説きたまへるを

*①講座やおたよりなどでも最近は、井上神父をリアルタイムで知らなかった方の参加や問い合わせが多くなってきています。「風の家」第一世代の人たちが、どう後の人たちに伝えていくか、問われています。

片岡惇子(名古屋)
◎さくら散る形無きもの秘めしまま
 花筏全てを包み漂ひ行く
 往く道の確たる朧主の十字架
 復活祭改心したる人ばかり
 初蝶の主の十字架に戸惑ひぬ
 山肌にすみれ目弾き主と語り

*①他全句、見えないもの「形無きもの」を静かに、かつ見事に詠っています。そもそも私たちの求道とは、この「形無きもの」への憧れから出発しているように思います。

佐藤淡丘(豊田)
 あおむけば宙に漂ふ雲雀笛
〇いぬふぐり一花もかげ景をむさぼ貪らず
 裏窓をそっと閉じたる初音かな
 ふる里の納屋も古びて青き踏む
 目の奥で押せば遠のく春の星

近ごろ、土の道を見つけるのは難しい。そんな中で、わが家から三十分ぐらいのところにある野池(周囲約八〇〇メートル)の道は、幸い未舗装のまゝである。
足元から伝わる土の感触は、ことの他心地よい。時に立ち止まり、〝跳躍〟を試みる。安心感が、どっと湧いてくるから不思議である。池の水に目をやり、天を仰いで「南無アッバ」を唱える。まさに、安心立命とは、こういうことなのでしょうか。南無アッバ

*どの句からも、自然に対する作者の心優しい関わり方が、十分に伝わってきます。②可憐な「いぬふぐり」は、自然の中の己の位置を知っている。人間顔負けです。

西川珪子(一宮)
 寒卵割って命の糧となり
 花冷えや聖歌は低く聖堂に
 天上へ讃美の歌を白木蓮
 田起しや蚯蚓の居場所壊れけり
〇葉桜やあらたな命育みぬ

*①寒中の卵は滋養がある。体の命に糧となるのはもちろん、霊の「命の糧」ともなるやも。⑤花が散った後の「葉桜」にこそ、命の強さを感じる。

平田栄一(蓮田)
 聖書とて時代の言葉日記買う
 ゆるせない人の眼前枯芭蕉

寄贈誌より
  
 「祭演」五〇号・対馬康子
新しき花古き花年の瀬の墓参
近くなって遠くなって遮断機冬の音

 妻逝く   「日矢」六〇二~三号・新堀邦司
年用意終へずに逝ってしまひけり
煤逃げて天国にまで行きたりし
残されてをしどり一羽漂へり
町師走どこかに妻のゐるやうな
妻の聖書開くや灰の水曜日
想ひ出の河津桜の咲きにけり

「こみち」二六四号・中庭栞
空っぽの心寄りそう弟子たちに現われし主の愛のまなざし
石庭の十五の配置雪となり

『風の道』・魚住るみ子
闇の中に小さき罪のうずくま蹲り忘るるとなく幾年を経ぬ
ゆるされてわが身はありやうなだれて黄水仙の花唇に触る

平田講座要約(第36回)

2013・5・25 テキスト『心の琴線に触れるイエス』

前回まで、いろいろな救済論を見てきました。その共通項は、律法遵守を前提とした、ある種の(近代とはちがう意味での)合理主義的発想だということ。ただ、「身代わり」論は、「律法の呪い」を「自我肥大・呪縛」と置き換えて現代的に理解することもできる、と井上神父もことわっています。いずれにしろ、根本的な、単数の罪は、神の前に己の義を立てることです。
そして今日は、次の箇所へ進みましょう。
p・46
 以上のように井上神父は、新約聖書中にみられる様々な救済論を検討した上で、先に引用したカール・ラーナーのいう「救い」の「原初的体験を、日本人の心情の凝結である日本語で表現していこうとするならば、やはり方向としては『償い理論』や『贖い理論』ではなく『初穂理論』へと向かうべきではないだろうか」と結論づけています。
初穂理論への結論付けです。カール・ラーナーの「原初的体験」については、もう何度も確認しましたが、しっかり押さえておきましょう。救済論の考え方の原点があるからです。テキストをお持ちの方は、p・34です。ここを抑えておけば、救いの表現はいろいろバラエティがあっていいということがわかります。
今回は、第26回の講座で青野太潮先生が『「十字架の神学」の展開』(新教出版社)の序でいったことばを復習しましょう。少し長くなりますが、大事な所なので引用します。
<実際に編集史的研究がもたらした成果は、私の理解するかぎり、そんな生やさしいものでは全くなく、むしろ福音書記者たちの神学が実に多種多様であり、しばしばそれらは相互に容易に調和できるような類のものではない、ということの指摘であったのだ。・・・・上述したような一種の「混乱状態」の中で、われわれの立場はどうあったらよいのであろうか。もしもそれらの多種多様な神学なりイエス像なりを、たとえ何の矛盾や齟齬もなしにスンナリと調和させるのは無理だとしても、相互になんとか関連づけることが可能だとするならば、われわれはできる限りその統合を求めて努力をなすべきであろう。しかし現状は、それを簡単に許すほど甘くはない。だとすれば、そこで残すされた道は、それらの多様な理解の中から、自らにとって最も適切と思われ、かつ自らの実存を賭けて受容することのできるものを選び取っていくことしかあるまい。それは、自らの願望を客観と見誤る危険を常に伴っている。しかしそれでも、それは不可避的な道である。>(p・4~5、傍線平田)

■初穂理論の重視
「麦の初穂が聖なるものであれば、練り粉全体もそうであり、根が聖なるものであれば、枝もそうです。」(『ローマの信徒への手紙』一一章一六節)
「実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。死が一人の人によって来たのだから、死者の復活も一人の人によって来るのです。つまり、アダムによってすべての人が死ぬことになったように、キリストによってすべての人が生かされることになるのです。」(『コリントの信徒への手紙一』一五・二〇~二二節)
ことわざに、「始め良ければ終わり良し」とか、「初め半分」(well begun is half done)などというのがあります。しかし「終わり良ければ全てよし」はあっても、右の初穂理論のように「始めよければ全てよし」というのはないかもしれません。
南無アッバの集い&平田講座、於:四谷ニコラバレ、 日時5/23(土)13時半、6/27(土)同

―――――「余白の風」入会案内―――――

*どなたでも参加できます。購読のみも可。*年六回奇数月発行*年会費千円(送料共)*採否主宰一任*締切=偶数月二十日*お問い合わせはこのブログサイドバーの余白メールからお願いします。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2601-53a3d120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop