「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第212号 2015年1月 発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第212号 2015年1月 発行   

あけましておめでとうございます。今年も何事につけ南無アッバ!

会員作品とエッセイ(◎○主宰推薦句 *選評)

片岡惇子(名古屋)
山茶花のさらさらと散る余白かな
我がタレント頷くことか菊香る
枯菊や笑み満顔で束ぬ人
綿虫や体を走るヨブの憂ひ
○冬の日や夢は天の国駆け巡る
風花や涙の人に主の平和

*⑤一読、芭蕉の「旅に病んで夢は・・・」の辞世句を想起させる。信仰の原点は「希望」と思う。そして希望は絵に書いた餅では終わらない。「わたしたちは神の子とされる希望によって救われているのです。」(ローマ八・二四)

佐藤淡丘(豊田)
東に深く尾を垂れ寒北斗
額づけば目の前で鳴くちちろかな
落ち葉には風の名残が伏せてある
蹴り上げて落ち葉の他はなかりけり
◎一粒の雨ではじまる落葉かな

 午前五時頃のこと。「会神の丘」への坂道はまだ、真っ暗。でも前方には、空が開け、光の
渦がなんとなく見えて来ます。今朝もひとりこの丘に立ち、思う存分「南無アッバ」を唱え、そしてひれ伏して祈りました。
 そんなとき「おみ風さま」が、そっと寄り添うように、小枝を揺らし去ってゆくのです。アッバ・アッバ・南無アッバ。

*⑤「からし種一粒ほどの信仰があれば(山は動く)」と言ったのはイエス。「山は動いた」と言ったのは昨年亡くなられた土井たか子さん。小さな努力の積み重ね、幼子の単純さを大事にしたい。

赤松久子(高知)
便り無き友案じつつ過ごす秋
無花果や当たりはずれはままならず
老を生きる手本の多き〝ホーム〟かな
○嫌はれて逃げて距離置き南無アッバ
つま亡夫と師に日毎のお水〝南無アッバ〟
逃げ足の速かりしつま亡夫うさぎ年(享年70歳)
〝はるうらら〟勝てない故のファンがをり
○師の文字の乱れに胸がキュンとなる

*④行き違いがあれば謝って、歩み寄れば・・・と思いつつもできない弱さをも、アッバは受け入れてくださる。⑧御眼が不自由になっていった井上神父。その師が精一杯書いてくださった一枚のはがきは、宝物です。

魚住るみ子(練馬)
○南無アッバうから家族寿ぐ九十六歳夫健やかに誕生日迎ふ
かくしゃく矍鑠と日毎の散歩は石神井川辺餌を待つ鴨どち南無アッバ
南無アッバ子供御輿よ法被着てVサインする幼き曾孫

*①おめでとうございます。まさに「天寿」と言うにふさわしいお歳。いや、長さではなく、アッバのお計らいを「南無アッバ、アーメン」と心から言えるようになりたいものです。

F・フランシスカ(八王子)
○好物を半分こする十二月
落ち葉する一枚ごとに南無アッバ
立ち返る戸口にイヴの灯が温い

*①良いものは「半分こ」すれば、おいしさが倍になる。四福音書すべてに載っているイエス様の供食の奇跡物語を思い出します。分かち合うことのすばらしさと難しさ。

平田栄一(蓮田)
孫娘は女系家族に囲まれてパチパチ写真を撮られておりぬ
父となる次男は来年院に行く家計を支える嫁こそ強し

『短歌人』八七〇号「Book Review」より
『八月の耳』春日いづみ歌集評:余白
 著者の第三歌集、二〇〇九年以降の作品が収録されている。「あとがき」に「耳が鋭くなってきた」と記す。
 唱和する祈りの声のくぐもりに跳ね返りくるわが軽き声
祈り深まり来れば、自らの(心の)声にも敏感にならざるを得ない。
年譜はないが、おそらく私(S30生)より少し上の世代で、私と同じキリスト者(たぶんカトリック)と思われる。
 虫喰ひの大葉刻む手早まりぬ 無条件降伏といふ結末
 上下句の二事項衝撃の俳句的な技法が見事。
坂道の先の何かに向かつてた朝日ジャーナル胸に抱へて
五十代は人生の秋なればいざ錦の晩秋六十代へ
 「朝日ジャーナル」は世代的キーワード。まともに読まずともブックバンドで持ち歩いたもの。一歩先を行く先輩として、頼もしい姿をこの歌集は見せてくれる。(ながらみ書房 定価二六〇〇円+税)

寄贈誌より
 「日矢」五九五九七~九号・新堀邦司
下闇や石重ねたる猫の墓
もてなすと一茶の里の走り蕎麦
○色変へぬ松や加餐を祈りけり

*新堀氏が「日矢」に連載されている「人物歳時記」に今回、島村哉哉(本名:亀鶴)が取り上げられています。求道俳句の先達として尊敬しています。

「こみち」二六三号・魚住るみ子
デジタルへ一歩ふみ入る老いの秋
咳くやちちろ鳴く庭恋しとも

「祭演」四九号・森須蘭
葱坊主自立心ばかりではない
只今の優しさみんな赤とんぼ

平田講座要約(第34―35回)
2013年3~4月=テキスト『心の琴線に触れるイエス』
<第三三回(続)>
井上神父も言っているように、新約の新約たるゆえん、旧約と決定的に異なる点は、怒りの父性神ヤーウェに対する悲愛の母性神アッバということです。
これは、「行為義認」対「信仰義認」という対比にも置き換えられるように思います。それはさらに、「合理」対「非合理」(「不合理」というよりも)という対比でもあるのではないかと、私は思っています。なぜならば、律法主義――行為義認には根底に、上のような合理主義・勧善懲悪的思考があるからです。
パウロの、そしてイエスの「福音」は、ローマ四・五「不敬虔な者をそのまま義とする神」に根拠があります。それは人間の合理主義にとってはまったくの「逆説」であり、不合理です。しかしそうでなければ、福音は倫理・道徳と何ら変わらない、福音ではなくなってしまう(青野太潮『「十字架の神学」の成立』二〇一―二頁参照)。

<第三四回>
これも青野先生の影響ですが、「福音」というのは、そこに「逆説」がないと単なる倫理になってしまう危険があります。たとえば、愛なる神がその義を貫徹するために、最愛の子=イエスの生贄が必要だった、というのは、逆説じゃなくて、矛盾ではないか。この場合、義を成り立たすために、犯された人間の罪を、何かで補償しなければならない、と考えるのは、上の合理主義的発想だと思うのです。
p・44
次に、奴隷制度や捕虜の受けだしといった、主に古代ヘレニズム世界を精神的に背景に持っている「贖い理論」((「贖い」と訳されたギリシャ語リュトロンは「奴隷を買い戻すために払われる身代金」という意味)は、「現代日本の私たちにはやはり馴染みにくい理論といわざるをえないだろう」といいます。
これが、やがて罪からの解放を意味する贖罪論になりました。ある意味どんな宗教にも認められる発想かもしれませんが、やはりこれも奴隷(罪)とお金(イエスの死)の等価交換ということですから、マイナスを埋め合わせようとする合理主義の一種とみなせると思います。
p・45
また、法を重視するローマ社会を精神的背景とした「借金棒引き理論」(コロサイ二・一三~一四など)も、「私たちと神との間の関係が法律的用語で処理されていて、いまひとつ説得力に欠けているという感をまぬがれない」とします。
借金棒引き理論は、負債証書を十字架に釘付けにして帳消しにした、といったニュアンスかと思います。マタイ一八章の<「仲間を赦さない家来」のたとえ>が思い起こされます。アッバの無条件のゆるしの強調と捉えれば理解しやすいかもしれませんね。


毎月の南無アッバの集い&平田講座
於:四谷ニコラバレ 1/24(土)、2/28(土)


―――――「余白の風」入会案内―――――
*どなたでも参加できます。購読のみも可。*年六回奇数月発行*年会費千円(送料共)*採否主宰一任*締切=偶数月十日*連絡先:余白メールにてお問い合わせください。*ブログ「南無アッバを生きる」に掲載*〒振替口座〇〇一七〇―三―二六〇九〇九 平田栄一

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2581-68ac7aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop