「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第208号 発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第208号 発行  

2014年5月号
井上洋治神父追悼号です。
余白の風 208 号 2014-05
PDFです。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 3

コメント

余白の風拝読致しました。

平田先生、こんにちは。

余白の風拝読しました。
「遠くから見守って下さるというより、もっと近くすぐそばにいつでもいて下さるんだ」
ほんとうに私もそう感じています。
神父さまが帰天されたことは、もちろん大きな悲しみなのですが、御許から「いつでも、どこにいても」見守っていて下さる、そう実感します。
「南無アッバ」と唱えると、井上神父さまが設えて下さったお窓から「おみ風さま」がそよぎ来て、「アッバを信じて、この風に身を委ねなさい」と語りかけて下さる、そんなイメージです。
まさに私たちの心の中には井上神父さまが「復活」なさっておられるのですね。
                    南無アッバ

mitakaforest #pKCONESw | URL
2014/05/03 16:44 | edit

mitakaforestさんへ

いつも、ありがとうございます。
今号の文章は、「風」追悼号にも載せるものです。
イエス様が「窓ガラス」になって、
私たちの上にアッバの光が注がれたように、
井上神父様が天国に行かれて
私たちを見守って、力を貸してくださる。
もちろん、井上神父様はイエス様ではありませんが、
イエスに信頼を置く者はだれでも、
イエスに「似た者とされる」(ローマ8:29)のです。
わたしたちの南無の心を強めてくださるよう、
お祈りしましょう。
南無アッバ

余白 #oBO5MkqQ | URL
2014/05/03 19:35 | edit

シンキングマインドのコントロール・アジェンダにとらわれは、百千万発南無アッバを実践されていたのですね(*^^)v私は内山興正老師ー山下良道師の百千万発思いを手放しから来たのですが、シンキングマインドの下の神や仏や青空や文脈の領域で通じるものがあると感じました(≧∇≦*)

nakamura795 #- | URL
2014/09/06 08:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2558-57bc67fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop