「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 求道詩歌誌「余白の風」 »第205号 2013年11月 *日本人の心の琴線にふれるイエスの顔を求め、福音を生きる

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第205号 2013年11月 *日本人の心の琴線にふれるイエスの顔を求め、福音を生きる  

会員作品とエッセイ(*主宰コメント)

赤松久子(高知)
蝉の声あまり聞かざる年なりき
台風の過ぎたるあとのちぎれ雲
被災地を癒し給へや秋の風
キリストに惹かれて歩む霊の道
亡き夫は〝風〟に惹かれし人なりき

信仰も神学も人それぞれ――子供たちの親への関わり方がそれぞれであるように。<〝主我的〟も〝無我〟も忘れて南無アッバ>

*腰の痛みにペイン・クリニックに通い始めた由。お辛いことでしょう。そうした中でも、「被災地」に思いを馳せ、また亡き御主人やお子様への思いを温められる。まさに「無我」も「主我」もありません。

井口萬里子(三浦)
十字架に孤独預けてあじさゐに降るしめやかな雨を見てをり
信仰はおのおの深くしまひゐてミサ終へし後の茶をくつろげり
黙想の庭に鳥の音 騒音は遥か下にて渦まきてゐる

*①イエス様の「十字架」に合わせて私たちの「孤独」や「つまづき」「弱さ」を捧げましょう。アッバはそれらを「共感」「祝福」「強さ」に変えてくださいます。そこに「福音」がある。③二つの「音」の間を一字空けてみました。

魚住るみ子(練馬)
和やかな語らひ想ふ須波なる南無アッバの家健やかにこそ
南無アッバ朝戸出心清しきを今日のひと
日に恙あらすな

*前号「お知らせ」した「風の家」須波分会を立ち上げた荒木さんとるみ子さんは、井上神父を通しての旧知の仲。お二人とも温厚なお人柄で、南無アッバを生きておられます。

片岡惇子(名古屋)
台風やノアの箱舟空のまま
韮の花傷つき見えし主の十字架
青柿や怒り捨てつつ赤くなる
修院を風にまかせて秋の蝶
マリア像祈りし両手秋つかむ

*①ちょっと考えさせる句。「箱舟」が「空」ということは、新たな大地へノア他生き物たちが希望を持って降り立ったからか、はたまた途中で台風にみまわれて・・・?!

佐藤淡丘(豊田)
ごんぎつね足に絡まる彼岸花
古びたる聖書いとほし秋初め
ふくよかな母の面影白桔梗
紙芝居昔語りにいわし雲
名月や木の間がくれに従いてくる

童話作家・新美南吉の生誕一〇〇年祭に当たり、ご当地(愛知県半田市)は、「ごんぎつね」にまつわる彼岸花の群生地(二百万本)もあり、行楽客も含め、なんとなくかまびすしい、今日このごろです。

この石の上を過ぎる
小鳥達よ
しばしここに翼をやすめよ
南吉(墓碑銘より)

毎朝訪れることにしている、秘密の場所「会神の丘」に、この詩を立看板にして約三年、喧騒を離れて、この南吉の瑞々しい感性に改めて触れる思いがしています。
小鳥が来ます。南無アッバを唱えます。うれしい一日のはじまりです。

*私事ですが、昔吾子に、初めて「ごんぎつね」のアニメを見に連れて行った時、「かわいそうだ~」と、心配になる程いつまでも号泣したのでした。その長男も今や三十路。おかげさまで無事に新家庭を築いています。

瀧野悦子(京都)
主を賛ふバッハに長き夜をあづけ
秋さぶやまあるくなりぬ夫の肩
秋日差す洋書のならぶ襄の部屋
弾いてみたき八重のオルガン秋澄めり
深秋や新島邸に神在まし

*③~⑤NHK「八重の桜」も終盤ですね。これを機に、私たちとしては日本人とキリスト教というテーマを一人一人考えてみては、と思います。カトリックの方ではちょうど「信仰年」の総括が行われています。

平田栄一(蓮田)
十字架に「渇く」イエスや酷暑ゆく
髪洗う毎に御国は近づけり
主の御名の力や如何に大豆蒔く

寄贈誌より
「日矢」五八四、五号・新堀邦司
形見なるロザリオ古りぬ敗戦忌
空蝉のなほ執着の姿かな

*井上神父は「どんな人でもその死後に残すものは大きい」とおっしゃっていました。まして私たち日本人キリスト者にとって、「形見」として「ロザリオ」が残されれば、その方の一生の信仰が語りかけてくるでしょう。

「花組」六〇号・あざ蓉子(熊本)
たましいの打ち寄せられる春の暮
虫の夜や本を開けば死者のこえ

*3・11で失われた多くの命。しかしその「たましい」は、アッバの懐で永遠に憩います。

「こみち」二五八号・魚住るみ子
細やかな便りふっくら薔薇ひらく
片陰や真向ふ人の老を見ぬ

「驢馬」・詫洋一
春昼や神学講座聴いてゐる
少々は罪あるわが身君子蘭

「祭演」四六号・和田不美雄
生き過ぎの身に溜まりたる蛍の火
水無月の水際に白紙切り刻み

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2537-6c052f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。