「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »憎らしき彼も神の子春愁い  平田栄一(蓮田)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

憎らしき彼も神の子春愁い  平田栄一(蓮田)  

聖櫃の開け放たれし聖土曜

ある読者が、拙著『俳句でキリスト教』の書評に「キリスト教的な素材は日本語で切り取られた日常の中に置いて違和感は無い」と書いてくださいました。キリスト教求道俳句をめざす私たち日本人キリスト者にとって、これほどうれしい言葉はありません。

 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=「余白の風」主宰・平田栄一

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2534-d04821f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop