「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »明日という来ぬ日に心せかされてイヌノフグリの青に気づかず  塚田明人(坂城)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

明日という来ぬ日に心せかされてイヌノフグリの青に気づかず  塚田明人(坂城)  

目も見えて耳も聞こえて不平かな感謝忘れた欲の囚人
殺さない 動き回らず空仰ぎ光身に受け実を結ぶ木よ

①「気づけず」を「か」に直しました。この方が自然かと。②「不平言う」では弱いですかね。③「殺さない」がどこに係るか戸惑うので、一字空けてみました。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2530-e5546381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop