「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » アッバ讃句コーナー »母の日や遺影の母の鼻動く  片岡惇子(名古屋)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

母の日や遺影の母の鼻動く  片岡惇子(名古屋)  

天国の門見つからず蝶遊ぶ
雨模様紫陽花の芽に時動く

①「鼻動く」②「蝶遊ぶ」③「時動く」など、動きのある御作が揃う。①亡くなられたお母様はいたずら好きか(笑)。新鮮な表現。②「天国の門」が「見つからず」焦るのではなく、探す過程を楽しむがごとき「蝶」には、余裕がある。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2527-f4d26750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。