「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »時を超え神父の声がキリストの声に聞こゆる漁りの浜  井口萬里子(三浦)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

時を超え神父の声がキリストの声に聞こゆる漁りの浜  井口萬里子(三浦)  

洞窟に祈る老婆のつぶやきがミサ黙祷の合間に聞こゆ
跪くペトロにイエスの指す行手彫像影絵の湖のさざなみ

アッバの思い、イエスの御心はどのように伝わっていくのでしょう。「神父」や「老婆」や「ペトロ」あるいは自然――いずれも日常のありふれた出来事をとおして。そして罪深い私たち自身をも通して。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2525-9ec1236e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop