「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »福音の聴聞聴従冬麗  平田栄一(蓮田)

福音の聴聞聴従冬麗  平田栄一(蓮田)  

恨み言ひとつも言わず死んでゆくタマは偉いとつくづく思う

今大学三年の三男が小学生だった時から飼っていた猫が逝きました。最期は小さく「ニャー」と一声。その生き様死に様は、あっぱれという他ありません。

 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=「余白の風」主宰・平田栄一
関連記事


category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2522-6b5e6330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop