「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »良寛に分けてやりたき落葉かな  新堀邦司(国立)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

良寛に分けてやりたき落葉かな  新堀邦司(国立)  

聖夜劇ヨセフの台詞少なかり

家族への感謝を書いて日記果つ

①良寛さんならこの「落葉」一枚に、私たちよりもっともっと詩を、そしてアッバの心を見つけてくれるかも。②目の付け所がすばらしい。「男は黙って・・・・」少ない言葉に盛り込まれた思いが偲ばれる。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2520-10500078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop