「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »深い闇光差し来ぬ海底であえぎ歩めど守られて今  塚田明人(坂城)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

深い闇光差し来ぬ海底であえぎ歩めど守られて今  塚田明人(坂城)  

死にたいと嘆く友より「菊の花美しきかな」と文に涙す

大腸の検査室にも主いますなり痛みも恐れも消えてなくなる

キリスト教には〝苦しみの神秘〟という発想があります。それを体験するとき、主の「十字架の逆説」の意味が、おぼろに見えてくるのでしょう。苦しみにおける連帯――南無アッバ。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2516-06326978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop