「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »冬の日や隣人遠く迷いをり  片岡惇子(長崎)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

冬の日や隣人遠く迷いをり  片岡惇子(長崎)  

闇ありて光見つけし沈丁花

大根の苦味残りてルカ四章

雛の日に生まれ遺影の母生きる

「闇」があるから「光」が、「苦味」があるから旨みが、死があるから「生」が引き立つ。その事実・真実に、「南無アッバ」と素直に言える日を待つ。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2513-46288b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop