「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »「内容の濃き時間」とふ重み老い深む身に賜へかし南無アッバ  魚住るみ子(練馬)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

「内容の濃き時間」とふ重み老い深む身に賜へかし南無アッバ  魚住るみ子(練馬)  

友おも念ひ繰るロザリオや日脚伸ぶ

「老い深む」程、心身の「重み」が押し寄せる。しかし同時に、一日一日がかけがえのない「濃き時間」として、過去の思い出の上に堆積していく。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2512-f6649379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop