「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »大花野人の跡絶へし径をゆく  佐藤淡丘(豊田)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

大花野人の跡絶へし径をゆく  佐藤淡丘(豊田)  

被災地のこほろぎ鳴きてかぎりなし

コスモスに明るい大き空が要る

②日本人は、虫や動物の鳴き声を最も言語に近い形で理解するという。「被災地」の「こおろぎ」が何かを訴えている。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2505-0de00b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop