「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »大花野人の跡絶へし径をゆく  佐藤淡丘(豊田)

大花野人の跡絶へし径をゆく  佐藤淡丘(豊田)  

被災地のこほろぎ鳴きてかぎりなし

コスモスに明るい大き空が要る

②日本人は、虫や動物の鳴き声を最も言語に近い形で理解するという。「被災地」の「こおろぎ」が何かを訴えている。
関連記事


category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2505-0de00b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop