「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »アッバ讃句コーナー(第六回)=「風」弟92号より

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

アッバ讃句コーナー(第六回)=「風」弟92号より  

今号もできるだけたくさん、皆様の佳品をご紹介していきます。

使徒の書に胸ときめかす夜長かな  赤松久子(高知)

神義論陰で悪魔が嗤ひをり

敬老会クラリネットの音がひびく

距離を置くすべなく祈る南無アッバ

②全知全能かつ善なる神がなぜこの世の悲惨を見逃すのか、という「神義論」。その前提に人間の傲慢がある。それを「悪魔の嗤ひ」と喝破する。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2497-3ebf06c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop