「南無アッバ」を生きる ホーム » 南無アッバの集い&四谷講座 »南無アッバの集い&平田講座要約(第二九回 上)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

南無アッバの集い&平田講座要約(第二九回 上)  

2012・10・6=テキスト『心の琴線に触れるイエス』

復活において完成する救い、というテーマに入って、青野太潮神学を参考に、イエスの死と十字架を切り離して考える、その中で、贖いという問題をとりあげました。

伝統的な贖罪論の系列を考えるなら、罪=マイナスがゼロになるところまで、というイメージが強い。しかし井上神学にとっては、その先の復活で「澄んだ青空」のような、大きな希望のイメージがある。明るいイメージですね。私見になりますが、イエスの死までは怒られた子供が許されるまで、という感覚です。復活に行ってはじめてその子供が笑う。

ただ、使徒信条・信仰宣言のように時系列的に、十字架の次が黄泉に降って、次に復活して、昇天して・・・・ということではない。十字架即復活あるいは、イエスのサドカイ派との復活問答(マルコ一二章)から、イエスは御自身の復活以前にも、死人は生きている、という考えがあった可能性もある。

p・41
■十字架から復活へ
ここで「生老病死」にこだわったのは、やはり日本人にとっては、罪より四苦の解決の方が関心が深いと思ったから。
 病気・死・挫折など、人生のマイナスに逆説的に意義を見るキリスト教という視点は、遠藤さんも同じですね。その象徴としての十字架。ここも「十字架の神学」に通じる。青野氏によれば、「十字架」は「罪」や「贖い」に直結するのではなく、「弱さ」「愚かさ」「つまずき」に通じる。そこから逆説的に「救い」を見たのが、パウロ神学だと。

「十字架の逆説」とは、「人間にはどんなにそれが悲惨で弱弱しく見えようとも、神はそれを肯定的に見ている。そして、それでいいのだ、そこにこそ、神は「然り」を言っているのだ、と解釈する逆説」(青野『十字架の神学の展開』p・165、傍点平田)ということです。

また、「肯定的に思われることがらが常に即肯定的であるわけではなく、また否定的に思われることがらが常に即否定的であるわけでもなく、両者の間には、逆説的同一性が存在している」(p・175)という神学です。

毎月の南無アッバの集い&平田講座
於:四谷ニコラバレ 
9/28(土)、10/19(土)、11/23(土)

category: 南無アッバの集い&四谷講座

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2495-e72c178a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop