「南無アッバ」を生きる ホーム » アッバ讃句コーナー »アッバ讃句コーナー(第三回)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

アッバ讃句コーナー(第三回)  

「風」第89号より

 クリスマスおめでとうございます。今号にはたくさんの作品をお寄せいただきました。日本人であれば小学校以来、俳句や短歌のようなものは必ずどこかで作ったことがある、といいますが、今回頂いたお手紙のなかにも「日記に書きとめておいたもの」とか、「昔の手帳にあった句を直して」などとあり、短詩型がいかに日本人の心性に親しいものであるかが伺われます。ぜひ続けておつくりください。
 
  儘ならぬ人の世と聞く神在す  長谷川末子

 上中句と下句の断絶にどきりとします。自分としては、あれこれ誠実に努力してきたつもりなのに結果がでない「儘ならぬ人の世」。人生は、世間はその繰り返し。そして気がつくと、身体も心もくたびれ果てている、まさに儘ならぬ状態。しかしそのとき作者は「神在す」現実に気づいたというのです。儘ならない――自我が満たされないからこそ神がいる――わたしたちの狭い自我をこえて、アッバは必ず「万事益となるように働き給う」(ローマ八・二八)と受け取る信仰。

  南無アッバうさぎのやうにサクサクとレタスの歯ざはり今日が始まる  魚住るみ子

 朝の静けさのなかで、うさぎのようにレタスをサクサク食べる、それだけで幸福を感じられる作者の穏やかな人柄。そして今日一日を「南無アッバ」の心で過ごそうという、真摯な祈りと覚悟が垣間見えます。

  秋の風声さまざまに運びくる  佐藤淡丘

 おみ風さまが、秋にふさわしい声を運んでくる。風(プネウマ)そのものは聞くことも見ることもできませんが、アッバのお作りになった、あらゆる作品が風に応えて音をたてる。わたしたちが耳を澄ませば、その共鳴音を聞くことができます。

天高し呼気に合わせて南無アッバ  喜多正規
あらし台風の夜独り唱ふる南無アッバ  赤松久子

万物がおみ風さまに共鳴して声をあげるとき、思わずわたしたちもこの大合唱に参加せずにはいられなくなります。

てんにいます/おんちちうえをよびて/おんちちうえさま/おんちちうえさまととなえまつる/いずるいきによび/入りきたるいきによびたてまつる/われはみなをよぶばかりのものにてあり(八木重吉)

いつでもどこでも南無アッバ!

秋夜長レクチオ・ディヴィナのヨハネ伝  佐藤悦子
教はりて来し会場に傘つぼめ入ればロマ書の輪読きこゆ  井口萬里子

「レクチオ・ディヴィナ」=聖なる読書。究極の祈りは聖書を只ゆっくり読むこと、ともいわれます。受洗間もない頃、わたしは井上神父に「どんなふうに祈ったらいいでしょう?」とお聞きしました。すると神父は「たとえば、聖書を一日何ページとか決めて読めばいい」とアドバイスしてくださったことを憶えています。わかってもわからなくても、毎日少しずつ。

 その他の作品をご紹介します。紙面の都合でお寄せいただいた全ての作品を載せることはできませんが、それらは次回以降の候補作品として預からせていただきます。

吾亦紅アッバに托す二つの忌  田中七子
秋高し体重計の針の先  石川れい子
うなだれしコスモスの種風に飛び  片岡惇子
マリアとマルタマリアになれずちちろ虫  瀧野悦子
いも粥をすすり原爆記念の日  新堀邦司
病葉の散る一瞬を祈りつつ  西川珪子
夏落葉うつくしき影ひき連れて  大木孝子
聖霊の包みし中の分かち合い  フランシスカ井上
ハリスト正教会にて購いし新約聖書は文語にござる  平田栄一

 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2490-dc1e6e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop