「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »

  

神の記憶とわに枯れぬ百合ありて

雨の車道が光るセピア色の記憶

難しい言葉は要らない天の国

この世に咲くも咲かぬも神の懐


関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 2

コメント

RE >.この世に咲くも咲かぬも神の懐

余白様、こんばんは。
人の目には咲いていないように見えて、それなりに、ひっそり咲いている花がありますね。私はそういうふうに咲くために、この世に生まれて来た気が致します。
心にしみる歌の数々に感謝いたします。

色鉛筆 #- | URL
2006/04/27 23:33 | edit

色鉛筆さん、

あたたかいコメントありがとうございます。
私たちは「キリストの身体」として、一人一人が大事な役割を任せられていますね。
大きく咲く花、小さき花、色もさまざま。
同じなのは、その与えられた役割を、しっかり生きることですね。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2006/04/28 08:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/248-baf80598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop