「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 求道俳句のすすめ »マタイ20

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

マタイ20  

無差別に恵み賜る薄暑かな
20:1-16
「ぶどう園の労働者のたとえ」より

category: 求道俳句のすすめ

tb: 0   cm: 1

コメント

生まれによって・・・。

題: 生まれによって賤(いや)しい人となるのではない。

.....(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
 
 仏教以前の宗教(例えば、バラモン教など)には、

女性の出家者が許されてなく、女性出家者は居なかった。

 しかし、
 
 仏教には女性出家者(尼僧)が居た。

 佛教が出来ての最初の女性出家者は仏陀の養母でした。

 (仏陀の実母は仏陀を産んですぐに亡くなられている)。

 この女性出家者の存在は、はるかヨーロッパのギリシャ人に

とっても驚きの先進的状況でした。

 このことは、シリア王の大使でギリシャ人の「メガスティー

ネス」が、インドの王のもとに来た時の見聞録に記録されてい

ます。

 その記録によれば、

 「尼たちが居て、そのうえ難解な事を男僧と共に、男女が分

け隔てなく議論していたことが、インドの驚くべきこと」とし

て記されています。

 その点、キリスト教は、現代の今時点においても、女性は聖

職者になれないなどの女性蔑視・男尊女卑をしています。

 そして、キリスト教の一番偉い地位であるキリスト教法王が

「女性は男の骨から出来ているのだし」と、女性聖職者が誕生

できない理由を、キリスト教の教義によっていることを述べて

います。近代においても、前近代的宗教の状態に置かれていま

す。

 仏教の基本の考え方は、この例の様な男女の平等性はもちろん、
 
次の仏陀の言葉によって分かります。

   「 生まれによって賤(いや)しい人となるのではない。

      生まれによってバラモン(高位者)となるのではない。

       行為によって賤しい人ともなり、
 
        行為によってバラモン(高位者)ともなる」。

                   (仏典:スッタニパータ)
         (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp

ななしのひつじさん #4fB9XOpA | URL
2013/06/04 02:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2442-e4076b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。