「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »自由律4句

自由律4句  

さらに日が伸びて学期二週目に入る

桜散ってすぐ白い下萌え

静かに動けば味の出る生活

疲れ引きずったまま季節に背中押されている
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 俳句

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/237-4b9fe79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop