「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 求道詩歌誌「余白の風」 »第199号-2012年11月発行*日本人の心の琴線にふれるイエスの顔を求め、福音を生きる

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第199号-2012年11月発行*日本人の心の琴線にふれるイエスの顔を求め、福音を生きる  

会員作品とエッセイ(*主宰コメント)
高知市  赤松久子
使徒の書に胸ときめかす夜長かな
神義論陰で悪魔が嗤ひをり
敬老会クラリネットの音がひびく
距離を置くすべなく祈る南無アッバ

祈りは/自分にあう祈りをするのが/一番です/と、神父さまはおっしゃった/南無アッバ

*②全知全能かつ善なる神がなぜこの世の悲惨を見逃すのか、という「神義論」。その前提に人間の傲慢がある。それを「悪魔の嗤ひ」と喝破する。

三浦市  井口萬里子
確めてこころに容れむ少しずつ信仰宣言吾の遅唱する
讃美歌の和音の中をキリストの体のパンが咽喉(のみど)を通る

*①まず「信仰宣言」ありき、ではなく、自らの「こころ」の中でケリュグマ(信仰定型)に至る道程を「確かめて」行く、下からの神学が問われています。

稲城市  石川れい子
コスモスや胎動に湧く母ごころ
月昇る眠れぬ夜の静寂かな
花嫁の父の涙は十三夜

主宰「求道俳句集」選
夏期講習マリアマルタと揺れ動く  栄一
お持たせの桃を振舞うマルタの日
白靴の平和の使徒や歩み来る
希望というパン賜りぬ夏のミサ
狐に穴鳥に巣のある夏夕べ

長谷川末子さんへ
飲もうかと言へば熱燗すぐ並ぶ(一九四号)
 五十五年間で培った阿吽の呼吸――すばらしい末子さん・・・!
  老ひてなほ心の支へ夫の居る
  手を取りて共に喜ぶ日のあるを(一九三号)
――そして七月十三日、ご主人様は、神の御許へ召されたのですね。
  寒の内苦楽ありても御手の中(一九五号)
「余白の風」の末子さんの詩や俳句を通して、ご夫婦のご様子やすべてを神の御手に委ねて生きるあなたの信仰が伝わって参ります。私は介護中なので共感します。

*③中七「父の涙や」ではなく「――は」とした点。一般的にいえば、「や」の方が切れがはっきりし、無難でしょう。しかし、あえて「は」としたことにより、一句一章的に「十三夜」に焦点が当たります。

熊本市  井上望月
ひつじ雲法然さんと腰おろす
十二才のマリアさまですすみれ草

*①「ひつじ雲」と「法然さん」の取り合わせが絶妙。やさしさに秘められた強さを持つ法然さんの傍に「腰おろす」安らぎ。

練馬区  魚住るみ子
言ひわけはすまじと思へ露こぼす萩の下枝よ南無アッバ
様ざまの悔あれ寝覚めの朝床に赦しを乞ひぬ南無 南無アッバ

*②新しい発想とか、「悔」とか、良い事も気になることも、「寝覚めの朝床」は思いの宝庫のようなもの。それらすべてを「アッバ」へお委せ。

長崎市  片岡惇子
虫時雨山を唸らし主の息吹
黄彼岸花佳作の人生と言われ
冬瓜の蔭れて実る孤独かな

思いもしなかった長崎への転居。市街地から葛折の道をバスで四十分程。山頂にあるホームは、五十人の入所者で、それぞれの病や人生の重みを持って、今日を生活しています。
周辺には原爆被災者のホーム二館、養護特別老人ホーム、純真聖母会修道院、大学と、四季の自然の営みを感じつつ、外観は桃源郷のようです。ほぼ全員カトリック信者ですが、人間の営み、残念ながら平和でない事も起こります。
このホームは高齢化が進み、百歳の方もおられます。つい先日、百弐歳の方が亡くなり、力強く送辞を述べられました。信仰から来る一言一言が、百人程の参列者に感動を与えました。目が遠くコミュニケーションは取りづらいのですが、いつもにこやかに、体ごと強い信仰を私たちに、しみじみと感じさせて下さいます。
年を取ると、かたくなになって行きますが、悠然と信仰から来る包容力は、これこそ主に信頼して生きておられる証し、福音だと思います。

*どんな老後を過ごすか、過ごせるか、死はどのように訪れるのか・・・・。身近に信仰の大先輩がいることは心強いですね。南無アッバ。

奈良市  喜多正規
ちちろ鳴く闇の深きに南無アッバ
秋の夜や手習ふ文字の南無アッバ
わがすべて色なき風にゆだねけり

*③「色なき風」が佳。「南無」や「余白の風」を連想させる。また「すべて」(無限)と「なき」(ゼロ)という対照も意味深長。

甲斐市  小林昌子
理科系の小六男孫がこの四月神は在すか真直ぐに問いき
考古博小一女孫は原人像見て人間は元ゴリラかな

*子供の問いにはハッとさせられることがある。素朴な疑問ほど奥が深い。しかし神を神とも思わぬ人間でさえ救う神であれば(ローマ4・5参照)。

豊田市  佐藤淡丘
大花野人の跡絶へし径をゆく
被災地のこほろぎ鳴きてかぎりなし
コスモスに明るい大き空が要る

大船渡カトリック教会は、M5の津波に裾を浚われたが、幸い無事であった。
ボランティアで滞在中、この教会の小さなお庭を利用させてもらい、いつもの朝の祈りをさせてもらいました。被災地にも天の神様は、けふも美しい曙光を下さり、忽ちそこは「会神の丘」と相成りました。独り祈りました。「南無アッバ」を三唱しました。地に接吻しました。亡くなった多くの御霊の安からんことを、御国の来たらんことを祈りました。

*②日本人は、虫や動物の鳴き声を最も言語に近い形で理解するという。「被災地」の「こおろぎ」が何かを訴えている。

一宮市  西川珪子
稲の花人の視線に育てられ
颱風の過ぐるを待つ間鶴を折る
雨漏りの音気にかかる芋嵐

*①「人の視線に育てられ」た稲は、実るほど頭を垂れる。反対に、人間は自然に育てられているのに傲慢になる。

秦野市  長谷川末子
秋雨が降り続いている/四日前に見た朝顔の精一杯の白と紫/傍の清らかに咲く清少納言/しっとりと濡れているのだろうか/夫が旅立って二ヶ月半/すべてを神様は見ていらっしゃる/近くに住む三男が私を守っている/無口な子/近所の人々が摘みたてのコスモス、野菜や果物を届けてくださる。慰めの言葉もある/一人暮らしにも慣れつつある。人の心は暖かい/聖日なのに家に居に閉じこもる。杖をついて傘をさせない。転倒した身体の節々が痛む/しかし神様はすべてを御覧になって居られる/前途は問題があってもすべてをお委ねしよう/雨音は絶えない

*ご主人が亡くなって寂しさは如何ばかりかと。しかし息子さんや隣家の人々、必ず近くに誰かがいる。誰もいなくてもアッバ、イエスが共にいる。

世田谷区  広谷和文
パンフィリアのパウロ歩みし山灼くる
婚宴の熱き踊りの輪に入れり

*トルコへ旅されたご様子。二千年前のパウロに思いを馳せる。同じ情景を前にしても、見る人の思いは様々、アッバが一人ひとりに囁く。

品川区  松永弘之
歌碑めぐりマリアの像に出会ひたりザビエルゆかりの堺の町にて
秋風に海の遠鳴り菓子舗跡

*日本各地にもアッバの思いは届きます。「歌碑めぐり」での「マリア」との出会い。ここにもアッバのお導き、ご縁がある。

蓮田市  平田栄一
つまずきを抱えしままに吾が内のポプラは秋の風に吹かれり
十字架の「愚かさ」「弱さ」「おののき」に「しかり」と言えり神の福音
(Ⅰコリント2・3、14より)

寄贈誌より 
「日矢」五七三号        新堀邦司
機嫌よき甲斐駒ケ岳夏の空
高遠のご城下は今蝉時雨

「こみち」二五四号       魚住るみ子
バイバイを泣かで言ひ得て梅雨(つ)入りかな

二水会『驢馬』カトリック六甲教会  大西恭子
つばくらめ寄る辺をなくす地震の町

南無アッバの集い&平田講座 於:四谷ニコラバレ
11/24(土)、12/22(土)、1/26(土)

――「余白の風」入会案内――
このブログのサイドバーをご覧ください。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2230-e0e3f4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。