「南無アッバ」を生きる ホーム » 南無アッバの集い&四谷講座 »23-7 救い表現の多様性

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

23-7 救い表現の多様性  

この「原初的経験」から出てくる救済論は、どれも「外から」の「解釈」だとラーナーはいう。
つまり「単純素朴」な救いの現事実からみれば、表現の多様性があっていいということ。

category: 南無アッバの集い&四谷講座

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2118-baaefe31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop