「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »196(5) 豊田市 佐藤淡丘

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

196(5) 豊田市 佐藤淡丘  

何ごとも遠くなりけり麦を踏む

遠山に吸わるるごとく畑を打つ

水門の影揺らぎゐて水温む

初蝶の浮きゐる園に座してをり

明眸や水仙すべてこちら向き
 

「歩む」には、「静かに歩む」という意味が込められている。雨上りの軟らかい土の道に一歩を入れる。伝わるのは、静粛と忍耐である。神から何物をも受けることがなくても、よいのである。神に依り頼み「南無アッバ」と唱えるだけでよい。その他を要求しない。その日の始まり、はじまり。

*私の大好きな寺田寅彦の短文集『柿の種』を思わせるエッセイです。俳文になっている。
①そして「南無アッバ」へとだんだん人生が軽くなる。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2101-8684ce39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop