「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第196号(4) 名古屋市  片岡惇子

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

第196号(4) 名古屋市  片岡惇子  

混沌と我に降りけり春の雪

囀りの天をそのまま人眠る

啓蟄や一筆書きの字のにじみ

沈黙の海に煌めく春の波

草餅を齧り付きたる空の空

十字架の道を包んで春の闇


*①「こんこん」と「混沌」を掛けたか。②「そのまま」がいい。南無アッバの心境。③「にじみ」にストレートで行かぬ人生の悲哀、人間らしさ。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2100-5489ea2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop