「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »(3)稲城市  石川れい子-第196号2012年5月

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(3)稲城市  石川れい子-第196号2012年5月  

牡丹の芽被災の地にも芽吹きけり

めざすのは漁師と言ふ子めざし喰む

木の芽摘母と楽しむ春の庭

蒲公英や丘のたつき生活は三年目

わすれものはてなんだつけ山笑ふ

思ひ切り捨てて三月門出かな


主宰『求道俳句集』選
芽吹く音聞こゆるまでの祈りかな
幼子の受洗うれしき聖胎祭
悲しみの聖母にアッバ寄り添えり
「喜びあれ」復活の主をかき抱き
信不信問わず御国へ春の丘


①「牡丹」の逞しさに救われる。
②「めざす」「めざし」の語呂がいい。⑥捨ててこそ拾うものあり。
⑪こういうのは、散文では言いにくい。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2099-740ee546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【(3)稲城市  石川れい子-第196号2012年5月】

牡丹の芽被災の地にも芽吹きけりめざすのは漁師と言ふ子めざし喰む木の芽摘母と楽しむ春の庭蒲公英や丘のたつき生活は三年目わすれものはてなんだつけ山笑ふ思ひ切り捨てて三月門出...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/09 15:33

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop