「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »(2)秦野市  長谷川末子-第196号2012年5月

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(2)秦野市  長谷川末子-第196号2012年5月  

冬は去り春が来た/山笑ひ新芽は伸びる/早朝に囀りを聞き/人々の心は起きる/コート脱ぎ動きも早い/砂浜の二つの足跡/負うた主の重さ/主の御手に身をゆだねつつ/今日の日も歩み続ける/恐れつつすがる身なれど/恥かしき日々送れども/立てる日に立たせ給へ/悔いの日を助け給へ

*春は明るいイメージとは裏腹に、実はけっこう憂鬱な季節でもある。新しい職場での疲れや花粉症やら・・・・。
そんなときこそ主は共にいてくださる。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2098-30e29870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop