「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »(1)会員作品とエッセイ-第196号2012年5月

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(1)会員作品とエッセイ-第196号2012年5月  

*日本人の心の琴線にふれるイエスの顔を求め、福音を生きる

会員作品とエッセイ(*主宰コメント)

一宮市  西川珪子

冬帽子目深に歩き続けをり

木枯の住む処あり我が内に

ストーブの赤々燃えて人恋し

祈りとは対話なりけり四旬節


*①「目深」「続け」に主体の強い意志を感じる②その「木枯」の中に共に歩むイエスも。
④四旬節は一人の祈りを最も深める時期かもしれません。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2097-32b3c6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop