「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-21 自ら生きる道

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(31)-21 自ら生きる道  

しかし直後『沈黙』をきっかけに、聖書に実存的に――学者としてでなく、一求道者として、日本人としてもう一度真剣に向き合うようになったとき、その「確信」を自分だけではなく、他者=日本人にどう「納得」してもらうか、という課題が、より切実なものとなっていきます。
「・・・・やっぱり時間がかかった」という感懐は、その苦闘を物語るものだったのです。


井上神父は、自らを学者ではなく、一宗教家と自覚している。
外から眺めるのではなく、自ら一つのキリスト道を生きることが、引いては同じ日本人の信仰に寄与するという確信を持つ。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2095-040db231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop