「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-20 正統なキリスト信仰

(31)-20 正統なキリスト信仰  

青年時代にテレジアに出会い、一九六〇年代前半に法然との邂逅によって「確信」となった悲愛の神アッバ、そして「やさしいイエス」。


井上神学では、イエスはアッバを忠実に写す、水晶・ガラス窓のような方。
ゆえにその性質は一致する。
イエスを見た者は神を見たのだ、というヨハネ神学にも通じる。

法然との邂逅は異端ではなく、むしろ正統キリスト信仰への「確信」ともいえる。
関連記事


category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2094-881aadb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop