「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-18 あれかこれか

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(31)-18 あれかこれか  

旧約の恐い神、「『マタイによる福音書』が示す厳しいイエス」ではなく、テレーズが示す悲愛のアッバ、「やさしいイエス」。その「確信」を持つまでには「やはり〔相当な〕時間がかかった」と言っているのです。


律法主義-父性原理-厳格-小乗的・・・・
信仰主義-母性原理-受容-大乗的・・・・
さまざまな対比ができる。
どちらをイエスの本質・神観とみるかで、そのあとのことがすっかり変わる。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2092-00af15cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop