「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-16 統一性のない聖書

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(31)-16 統一性のない聖書  

井上「いや、変化じゃなくて、それが確信というか、そういう〔悲愛の〕方だったんだと……。
福音書というのは、実にいろんな視野から書かれていて、それだけ読んだら矛盾している言葉が、うじゃうじゃあるわけです。


田川建三さんだったか、聖書にはあらゆる対になる反対の思想が入っている、というようなことを言ってましたね。
加藤隆さんだったかは、新約思想を統一するのは不可能だ、というようなことも言ってます。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2090-5fbe03ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop