「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-13 宿題の書

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(31)-13 宿題の書  

受洗後も父性的・道徳的キリスト教観から抜け出られないでいたわたし自身をいま振り返ると、こうした当時の井上神父の心情に改めて親近感を覚えるとともに、わたしの不躾な問いに対する、一見そっけない返答の背景にも、神父のたゆまぬ求道的苦難があったのだ、ということを感じざるをえません。


まこと、遠藤周作さんが書いていたように、福音書は私たちに宿題を差し出す書物ですね。

奇跡、復活、神観・・・・・。

もっとも、仏教も上座部仏教が日本に入ってきたら、どうなったのでしょう?

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2084-2cb37ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop