「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(31)-10 恐さから優しさを見抜く目

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(31)-10 恐さから優しさを見抜く目  

例えば、遊女や徴税人といった、当時の社会では罪人、駄目人間の代表と目されていた人たちをも、悲愛のまなざしで手をひろげてあたたかく迎え入れている師イエスの生き方に対して、それとはどうも似合わない、むしろ嵐と火の中でシナイ山頂に降下する旧約の裁きの神ヤーウェを思わせるような師イエスの言動や言葉が、また福音書の中には見出されるのを認めざるをえなかったからである。>(一〇~一一頁)


だからこそ、というべきか。テレジアのように、その恐い福音書?のなかから、やさしいアッバの本質を見抜いた目、というのは、学者ではなく、幼子のような、小さな求道者だからこそのことだったのかもしれない。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2081-8f0d8260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop