「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(30)-27 ミサの聖書朗読

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

(30)-27 ミサの聖書朗読  

当然のごとく聖書は、「旧約」-「新約」の順に編集されています。

また通常ミサのなかでは、第一朗読として多く旧約聖書が読まれ、その後、新約聖書――福音書が読まれます。

このパターンに慣れていけば、特別に注意されない限り会衆は、「旧約聖書を前篇、新約聖書を後篇というふうに受け取り、両方を同じ重要さで読んでしまう」のがふつうだと思います。

こうしたところにも、ユダヤ教とキリスト教を「ごちゃまぜに」してしまう危険があります。


よく知識人が、「新約より旧約の方が面白い」という言い方をする場合がある。

そういうことと、今、生きるために実存的に聖書を読もうとすることとは、まったく違うことである。

ミサの中で、繰り返し読まれる聖書だが、やはり旧約には父性-母性という視点を別にしても、文化的にもピンとこない所が多いと思う。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2046-bf874c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。