「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(30)-26 決定的な聖書観

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(30)-26 決定的な聖書観  

これは、「旧約」-「新約」間に「完全な断絶」を見る井上神父のラディカルな主張であり、わたしたち求道者に聖書の読み方を具体的に示すものです。

と同時にこれは、先にみた『日本とイエスの顔』の「あとがき」で想定された「最大の問題」への実践的回答であり、さらに神父が、コンツェルマンの示したルカの「救済史観」――「旧約」「新約」の流れを直線的に観る――に待ったをかけたこととも合致してくるのです。


キリスト教が父性的か母性的か、という問題の根本にあるのが、この旧約-新約の関係である。

その意味では、結果としての神の性質以上に、この関係をどう見るか(聖書観)は決定的な意味を持つだろう。

「新約は旧約を完成する」という、よくあるキリスト教の見方も、その内実はさまざまである。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 2

コメント

いつも楽しく拝見しています

いつもサイトを楽しく拝見しております。
先生の精力的なブログ更新には脱帽です。

そもそも宗教というものの存在目的は何かというと、それは「死に至る瞬間まで、心穏やかにすべての現実を受け入れ、常に前向きな一歩を踏み出し続けるための心の持ち方の継続的修練」ではないかと考えます。
旧約には、ヨブ記など、含蓄の深い書物も中には見られますが、食物規定や細かい祭儀など、他の多くの土着宗教にもよく見られる慣習、しきたりの遵守の項目も多くの部分を占めています。
太古の昔には、人知の及ばない天変地異や病も多く、それらの規定により、人心を治めたり、感染から集団を守ったりする意義も大きかったのでしょう。
しかしそのような時代を経て人類は、心の安寧をまったく別の観点から約束してくれる秘薬を、イエスの出現により、享受することができるようになりました。
人間の苦の根本は、苦難の意味が見いだせないことと、共に苦難を担ってくれるかたがいないこと、この2点に集約されると思います。
この2点を解決するためには、自らの人生の主役の座を「あちらさま=アッバ」に明け渡すことと、いついかなる状況においても、まず受容して下さる絶対的神の存在を認め受け入れることが必須。
その点に2000年の昔に気づき、民衆にわかりやすいかたちで伝えることに生涯を捧げたかたが歴史的存在としてのイエスさまであるのだと思います。
現代科学の教えるところによれば、ビッグバーンに始まる元素の集合離散が地球を形成したことは明らかであり、出生時点に自らの意志が全く反映されていない人生というものの矛盾を考える時、そもそも世界にも人生にも意味は全くあり得るはずがありません。
しかしそれは事実/現象の観点からの認識の段階の話。
そこに意味を見いだし、事実を超えた真実を追求するたゆまぬ努力の結果、人類はイエスという宝をいただくことができたのだと思います。
「イエスは数々の奇跡を行ったというが、そんな荒唐無稽な事実は受け入れがたい」そのような意見は、もっともです。
しかし聖書の記載を単なる事実として捉えるのではなく、同じ状況を前向きに捉えることができるようにイエスが受け入れ、寄り添って下さったという、事実を超えた真実の伝承と理解したとき、聖書が本当の意味で明日への希望の書物となるのではないかと思います。
もっともなんと言っても最大の奇跡は、福音のメッセージを伝えんがために人生を捧げた歴史的イエスの生涯そのものですが・・・。
かの天才パスカルも、一時神の存在に疑問を抱き、しかし悩み抜いた末、「賭け」というかたちで神の存在を受け入れたのですから、ましてや我々が神を受け容れる際に思い切った飛躍が必要であることはいうまでもありません。
しかし人生の賭けを決断し飛躍を遂げたその先に、まったくこれまでと違った色合いの「風」が穏やかにそよいでいる世界が待ってることは間違いがありません。
たとえその賭けが幸せを希求する幻想であったとしても、そのおかげで人生の最期のときまで、前向きに丁寧な歩みを続けられるのなら、それはそれでいい、そんな気持ちで、「南無アッバ」に賭ける今日この頃です。
今後ともよろしくお願い致します。

mitakaforest #XM8vAG0k | URL
2012/03/25 14:16 | edit

いつも深いコメントをありがとうございます

ちょうど昨日、四谷の講座がありましたので、関連付けてしまいますが、分かち合いの中で必ず出てくる質問や話題も、まさにあなたが提起されていることの繰り返しなのですね。

人は誰もこの世の生を全うしたい、でもしばしば意味を見失う。どう考えればいいのか、、、そういう問いです。
苦しみの意味、生きがいとは何か?

右サイドバーに推薦したフランクルの『それでも人生にイエスと言う』は、直接キリスト教のことは語っていませんが、この「人生の意味」については、大きなヒントを与えてくれます。

わたしたちキリスト者(=受洗の有無でなく、イエスを慕う者)は、この意味を、イエスの生涯をヒントに考えよ、と宿題を出されているのだ思います。
わたしもあなた同様、「南無アッバ」の心に賭けたいと思います。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2012/03/25 20:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2045-fab16d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop