「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »(4)会員作品とエッセイ=第195号2012年3月発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(4)会員作品とエッセイ=第195号2012年3月発行  

秦野市  長谷川末子

降雪に呆け顔なる二月尽

寒の内苦楽ありても御手の中

浅知恵のあせりを神は知り給ふ

暖き部屋外の枯枝なす儘に

目覚めたるつぶらな瞳犬ふぐり


*②③小我をこえた大我的境地を目指す性向が、短歌より俳句に強いように思います。俳人長谷川櫂氏が、東日本大震災でまず作ったのは短歌でした。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2031-c5bfecd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop