「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(30)-21 旧約に垣間見えるやさしい神

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

(30)-21 旧約に垣間見えるやさしい神  

一二 「旧約」「新約」の軽重

<ユダヤ教のヤーウェ>

前項で、「旧約」から「新約」へ神観が一八〇度転換したことを強調した井上神父は、この項で詳細に、イスラエル民族のヤーウェ神理解の歴史的変遷を述べますが、その基本的性格――怒りと嫉妬の「顔」は、あまり変わらなかったと言います。


旧約にも慈しむ神、憐れみ深い神の性質は垣間見えます。

これも以前わたしは、神父に直接、聞いたことがあります。

「旧約のなかにも、詩編のいくつかのように、やさしい神の顔はありますよね」と。

井上神父はそれを認めたうえで、
「しかし、基調として、怒る神・裁く神が色濃く出ている」
というお答えでした。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2023-95514f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。