「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(30)-21 旧約に垣間見えるやさしい神

(30)-21 旧約に垣間見えるやさしい神  

一二 「旧約」「新約」の軽重

<ユダヤ教のヤーウェ>

前項で、「旧約」から「新約」へ神観が一八〇度転換したことを強調した井上神父は、この項で詳細に、イスラエル民族のヤーウェ神理解の歴史的変遷を述べますが、その基本的性格――怒りと嫉妬の「顔」は、あまり変わらなかったと言います。


旧約にも慈しむ神、憐れみ深い神の性質は垣間見えます。

これも以前わたしは、神父に直接、聞いたことがあります。

「旧約のなかにも、詩編のいくつかのように、やさしい神の顔はありますよね」と。

井上神父はそれを認めたうえで、
「しかし、基調として、怒る神・裁く神が色濃く出ている」
というお答えでした。
関連記事


category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2023-95514f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop