「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »(30)-17 アッバに賭ける

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

(30)-17 アッバに賭ける  

このバイアス部分をできるかぎり元の形に還元していくことによって、イエス本来の人となりや言動が垣間見えてくる――井上神父が「編集史研究」の成果によって「ますます」強くした「確信」とは、このようにして得られたものと思われます。


こうしたことは手探りの、気の遠くなるほど手間のかかる、大変な仕事でしょう。

また、私たちのような凡夫でさえ、相反するような性格や気質、考えを持ち合わせた「この人間--未知なるもの」です。

とすれば、どんなにか研究が進んでも、イエスの本質に関する議論は絶えないとも思われます。

しかし、ああかもしれない、こうともいえる、では信仰を生きることはできない。

そこにはどうしても「賭け」の要素は残るのだと思います。

そして、井上師は「アッバ」というキーワードに賭けた。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2019-7e7f404b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop