「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 南無アッバの集い&四谷講座 »予告:今週2月25日(土)南無アッバの集い&平田講座(第22回)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

予告:今週2月25日(土)南無アッバの集い&平田講座(第22回)  

メニュー(予定)
・南無アッバの祈り
・講座:カール・ラーナーの神学
・分かち合い
・風の家の祈り

講座後はカトリック喫茶エルへ。

くわしくは、このブログサイドバーをご覧ください。

category: 南無アッバの集い&四谷講座

tb: 0   cm: 3

コメント

お講座に伺えず残念です

余白先生こんばんは。
こちら北陸は例年にない豪雪ですが、ここ2日ほど気温も少し上昇し、道路が見えてきました。
余白先生のご講座、お伺いしたい気持ちでいっぱいですが、それもかなわず残念です。

カール・ラーナー、無名のキリスト者(Anonymous Christian)を提唱したかたですね。
以前の南無アッバミサで、井上神父さまがお話しされていましたね。
「無名」という表現は、有名でないというニュアンスにもなり、誤解を受けやすいので「無記名の」という訳のほうが適切と言及されていたことが思い出されます。
意識的にキリスト教信仰を告白してない人々でも、決して神の救いから離れているものではないというカール・ラーナーの宣言は、きわめて画期的なものですが、発表当時としては、キリスト教内部からは、大きな批判もあったことでしょう。
カトリック界の指導的立場にありながら、宗教界当事者の陥りやすい自己満足や陶酔に終始することなく、冷静に大局からカトリック界に一石を投じた業績は偉大なものがあると思います。
そのように考える時、以前に伺った井上神父さまの次のお言葉が思い出されました。
「大切なのは洗礼の有無や宗派の種類ではない。南無アッバと唱える人はだれでも、風の家の同志である。」
大切なのは「南無アッバ」と唱える委ねの心、人生の主役は自分自身ではなくあくまで大好きなアッバであるという境地に達することなのだよ・・・という井上神父さまのお言葉が、風の家の祈りにのせて聞こえてくるようです。
井上神父さまといい、カール・ラーナーといい、真の宗教者の到達点は、さすがです。
イエスさまも、きっと盛大な拍手をされておられるに違いありません。
講座のご様子のアップ、楽しみにしております。


mitakaforest #XM8vAG0k | URL
2012/02/21 20:00 | edit

mitakaforestさん

いつもありがとうございます。
雪がたいへんですね。私にはない経験ですが、ともかく事故だけは気を付けてください。

講座は、本当にゆっくーりした歩みですが、先に進むことよりも、みなさんとの月に1回の分かち合いを大切にしたいと思っています。

今回はお話に書いてくださったように、カール・ラーナーの紹介と、「無名」(そう井上師は「無記名」とされている)のキリスト者について、触れたいと思います。

講座の参加者も、半分はプロテスタントか未信者の人たちですし、まさに「南無アッバを唱える者の集い」だと思っています。

ご無理なさらず、暖かくなって、何か御用のついでがお有りの時にでも、気軽にお立ち寄りください。

南無アッバ

余白 #oBO5MkqQ | URL
2012/02/21 20:31 | edit

雨模様かつ

気温10度を下回るなか、福島や名古屋など、遠方から参加くださった方、ありがとうございました。

喫茶エルでも会話が弾みました。

講座要旨は、次号「余白の風」にて報告いたします。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2012/02/25 20:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2014-fa458357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。