「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第194号(13)南無アッバの集い&平田講座(二一)要旨

第194号(13)南無アッバの集い&平田講座(二一)要旨  

2012-1-28
前回から十字架を悲愛=共苦の頂点とみる井上神学の意味を探っています。

その比較のため、ローマ帝国、ユダヤ教、そしてパウロなどの考えを学んできました。

もう一つ補足しますと、十字架を私たちに対する招き、抱擁とみる見方があります。

ミサの第二奉献文叙唱に「・・・・人々をあなたの民とするために、手を広げて苦難に身をゆだね・・・・」というのがそれで、マザーテレサなどもしばしば言及していたと思います。

十字架即贖罪という一義的な意味づけをするのではなく、共苦=悲愛の象徴、頂点と受けとめる方が、日本人には受けとめ易いと思います。
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2007-e0dd444c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop