「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第194号(11) 2012年2月発行=求道俳句で「南無アッバ」

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

第194号(11) 2012年2月発行=求道俳句で「南無アッバ」  

蓮田市  平田栄一

朝からの雨降り止まず暮れ落ちる一人の飯を噛みしめて食う

実名と事細かなる願い事日夜聞きおり絵馬の神様


*「短歌人」2月号より


以下、「余白の風」に転載しなかった4首

顎ひいてニコッとすれば十歳は若く見えるとカメラに向かう

生物の類の一種と割り切りて己を見れば心安らぐ

生物学的には子を産み育てれば死んでもいいということらしい

苦虫を潰したような顔をして吾が著書を読む人を目にせり

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2003-6aec6615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop