「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第194号(7) 2012年2月発行=求道俳句で「南無アッバ」

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

第194号(7) 2012年2月発行=求道俳句で「南無アッバ」  

稲城市  石川れい子

屠蘇祝ふ家族合はせて三百歳

初ミサに娘五人がきもの着て

初明り琵琶湖染めゆく眺めかな

野水仙群れて聴き入る波の音

祈念せし彼岸の人よ初電話


主宰「求道俳句集」選

年一度積もる話や二日来る  栄一

俺はまだ生きているぞと賀状来る

人日やわが半生を悔やみ居て



*年初に家族が集まれる幸せ。

今は大家族そのものが幸せの象徴。特に三・一一以降は、ほんとうの絆とは何かが問われる。

前月号訂正「主の」→「主を」

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1999-db1fa018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop