「南無アッバ」を生きる ホーム » 南無アッバの集い&四谷講座 »第21回南無アッバの集い&平田講座報告

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

第21回南無アッバの集い&平田講座報告  

ご参加くださった皆様、寒い中をお出かけくださり、ありがとうございます。
また、お越しかなわなかった方のために、ご報告します。

今日のテキスト:『心の琴線に触れるイエス』p.33
<井上神父は、イエスの十字架を、人間の罪の犠牲(サクリファイス)としてよりも、「私たち一人一人の人生の苦しみをそこでいわばmitleidenして(共に担って)くれた」もの、あるいは「汚れを取り去った、神との調和を回復した」ものとして受け取っています。

十字架をイエスの共苦的姿勢――悲愛(「悲」は「共に」悲しむの意を含む)の頂点に位置するものと考えているのです。

ですから、「井上神学には十字架がない」ということにはならないのです。

十字架による救いというものの「ニュアンスの置き方」が、あの質問をした牧師さんたちのキリスト教とは違うということです。

けっして罪の問題そのものに関心がないわけではありませんが(この点に関してはいずれ改めて論じたいと思います)、こと十字架の受けとめ方という点に立てば、ここでも井上神学には罪の問題よりも苦しみの問題に重心があるといってよいでしょう。>


今日の学び
前回から、十字架=「共苦」すなわち「悲愛」の頂点と見る井上神学=アッバ神学との比較で、古来からの十字架の様々な意味を検討しています。

日本人の感性で、イエスの十字架にどう、実感を持って意味を見出すか、分かち合って行きたい思います。

category: 南無アッバの集い&四谷講座

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1984-be99d850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop