「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第193号 2012年1月発行 (8)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

第193号 2012年1月発行 (8)  

寄贈誌より    

「日矢」五六三~四号   新堀邦司

上州は風の国かな下り簗

秋風や佐藤春夫にさんまの詩

新米や一菜で足る朝の膳

届きたる喪中の便り冬に入る

西伊豆や富士をはるかに帰り花

*③一汁一菜の精神ながら、「新米」に大きな贅があると思えるのは、三・一一以来の状況が背景にあるからだろう。
どんな一句も置かれた時代状況で読みが変わる。聖書の御言葉も然り。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1965-89cbbc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop