「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第193号 2012年1月発行 (4)

第193号 2012年1月発行 (4)  

一宮市  西川珪子

生かされて仕事を終へる聖夜かな

稲塚を冷たき風やセミナリオ跡

秋深し無限の愛のマリア像

晩秋の鈍くかがやく道祖神

水郷の町秋の陽射しをさがしをり

*殉教地巡りで、日本最初のセミナリオ跡、近江水郷などをめぐられた由。①日本人信者には、クリスマスから元旦までの一週間は、他国以上に意味深い期間のように思います。年末年始はしげく教会に足が向く。
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1961-aea6adf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop