「南無アッバ」を生きる ホーム » ○雑記 »眠り禅

眠り禅  

眠りは祈り地へ直角に麦育つ   寺田京子

俳句でキリスト教』でも取り上げた作品。
また、自句に、

手指死人のように組み雨の夜の何思う事のない平安   栄一(1990.7)

という作品もある。
ここの所仕事重なって、先週の土日はダウン。ともかく養生、ということで、ひたすら寝ることに。
聖書も読まず、ミサにも行かず。。。ともかくよく寝られる。
疲れが噴出すようだ。眠りはなによりも薬。

山頭火は「歩行禅」というようなことを言った。
「眠り禅」ってないかしら?
節制し、ひたすら寝るのは、行のような気もするから。

今日は「あえて」、1日年休をとった。
心も身体も軽くなったような気がする。短い居眠りが活力を復活させる。子供にはいつもどおり、弁当を作って、わたくしはといえば、
CIMG1238s.jpg

簡素、簡素、↑生レタス即席ラーメンはいかが?

いただいて足りて一人の箸を置く  山頭火<
関連記事


category: ○雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/18-2847c6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop