「南無アッバ」を生きる ホーム » 南無アッバの集い&四谷講座 »第5回四谷講座ノート 2010-8-21 井上神学の体験主義・実践主義(4)

第5回四谷講座ノート 2010-8-21 井上神学の体験主義・実践主義(4)  

テキストp.14
永遠の命に至る「実践指導書」として聖書を読むためには、「~について知る」概念的理解と「~を知る」という体験的理解のちがいを把握すること。その区別はベルクソンからのものであることを見てきました。
ここで一気に、ベルクソンの続きをやると、とても後1,2時間では終わらないので、テキストに戻って先へ進むことにします。そのうちまた、出てくるので、その時々に少しずつベルクソンについても学んでいこう。

「序にかえて」続
テキスト戻る
p.15【朗読】(1)
①数年後・・・・
前述の大学4年が1977年、井上師との出会い1980年=3年後ということ。その間、転職など――『すべて』プロローグに就職浪人時代に井上師とどう出会ったかを書いたので、今までも話したことはありますが、興味あるかた読んでね。

②体験の裏づけ
直接的にはリジューのテレジアについていくことだが、その前のベルクソンとの出会いや青年期の慰問体験を含むと考えられる。
→過去を包含していく現在

→さっそくまた、井上師がベルグソンに教えられたことが思い出される。すなわち
(ベルクソン曰く)「人間は因果律に縛られた自由のない機械などでなく、常に自由による選択を生きている。一人の過去が、A→B→Cと必然帰結するという考えは、雪だるま式に過去を現在に包含しつつ質的に変化している生の歩みを、全く等質な空間に投影している誤りから来る。」(余白旅p29)――生きるということ、「ものを知る」ということを教えられた井上青年。

③大きな衝撃
私としても、ここで改めてベルクソン学んで、井上師の体験知の強い裏付けを知り、連載書いた時より、もっと納得ができた気がする。

【朗読】(2)
④ヒルティの実践性
これは前にも触れましたが、やはり井上師の実践性とは違う。
ヒルティ:聖書の書いてある通りの実践奨励――ストア主義的キリスト教、山上の説教、飢えた牧師(井上談)
井上師:聖書は実践指導書ではあるが、「イエスの姿勢を真似ろ――個々の行為でなく」――井上師はむしろ危険性指摘――「風」85号連載(26)見てね。その姿勢の内実が最も良く現わされているのが、
⑤リジューのテレジア~受洗

【朗読】(3)
出会い~受洗~渡仏
ここでまた、テレジアばかりやってると、うんと時間がかかりますが、最低限だけ触れる。
井上神父にとってのテレジア・・・・2009年の暮にのったカトリック新聞でもインタビュー、また、司祭叙階金祝ミサでも、「私の人生は、リジューの聖テレジアに始まり、聖テレジアに終わるのですね」と締めくくっている。

テレジア・リジュー(1873~1897)19C末、アランソン→wiki資料
  カルメル会15歳入会-24歳、肺結核死去
   自叙伝、20世紀数百万部
50年かかるのを28年で列聖1925年。
33人の教会博士に1997年。

(1)出会い
1942年ころ 旧制東京高等学校(のち東大に包括)の寮――1年は原則全寮制――に入ったばかりの頃、初めて教会へ。・・・・しかし、(以下、補充は『風のなか』「リジューのテレーズをめぐって」より)うろうろ、信者になり切れず-抵抗感と違和感、その重大な理由の一つ=「罪と罰」の問題→個人的でなく、日本人共通の誤解-藤村。芥川「神の愛は信じられず、神の罰だけを信じる」(『人間失格』)。「祟りの文化」(山折、キリシタン史講座のこと)は仏教より根深い。正宗白鳥「内村のような求安は味わえなかった。」奇跡や教皇の無謬より「やはり、「ねたみと怒りと罰の神」への恐れと抵抗が、もっとも強く心の奥に根づいていたことは否めないような気がする。」(p.94)-平田まったく同感!家のこと少々。

その後、前回お話しましたように、お母様の津久井の実家でベルグソンに出会い、東工大を退学して、
1947年:東大文西洋哲学科入学
同年、7歳上の姉、サンモール修道会(現幼きイエス会)入会。姉の願い、東大カトリック研究会
また、上智大デュモリン神父「キリスト教入門講座」参加
    └1905~1995『禅の歴史』
 奇跡・トマス哲学への抵抗感――資料

しかし、デュモリン神父はテレジアの紹介者であり、そんなときに『小さき花』(シルベン・ブスケ訳)に出会う。姉が置いて行った自叙伝、秋の終わりに読む。
関連記事


category: 南無アッバの集い&四谷講座

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1703-f282dbb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop